FC2ブログ
アユサワ時計店
哀しみの雲煙
imgCA07582J.jpg

imgCAHEYR09.jpg

imgCAMOTP3Z.jpg


昼過ぎ2時ごろであったろうか、
ドアーの中ほどを開けてお婆さんが顔を覗かせた。

「時計屋さん、うちのタケシ死んじゃったわよ。
親を置いて、死んじゃうなんて、全く親不幸ものなんだから」
さて、そう言われても、まるで見当が付かない。

タケシ、タケシ、たけしと頭をめぐらせても、
まるで脳裡には浮んでこず、お婆さんの顔さえも覚えがない。
かといって、どちら様ですかと尋ねるわけにも行かず、
「それはそれは、お力おとしですね」などと曖昧な返事をして
お茶を濁していたのだが、ドアーを閉める前に
「お墓参りに来たんで、時計屋さんに寄ったんだけど」
この一言で10燭光の電球がポツリと灯り、
間名田君(仮称)のニコニコした顔が浮かび上がってきた。

それにしても、母親の変わりようはなんとしたことか、
堂々と太った身体は痩せて、白髪の多いこと、
歳月は人を変えると言うが、まるで別人のそれである。

間名田君は二十歳頃までは、ご近所にお住まいであった。
私共にも良く顔を出しては他愛のない事をおしゃべりしていた。
兎に角、彼はいつ遭ってもニコニコして笑顔を振り撒く。
知覚に不自由さを抱えて居た。

中学に入り順調に学校生活を楽しんでいた時に、
小型のトラックと接触し道路に倒れたという。
其の時は、気がつかなかったのだが、やがて言語に障害が見られ、
右利きであるのに右手では文字を書けなくなった。
それも少しづつ少しづつ進行したものだから、親も気がつかず、
気づいたときには、かなり難しい状況とはなったのだが、
やがて病も落ち着き学校を卒業するや福祉事務所で働くようになった。
それ以来、引越しをして頻繁に顔を見ることはなくなったのだが、
墓参りの時は母親と連れて顔を覗かせてくれていた。
間名田君、そろそろ五十の声をきいたのだろうか?

息子の容態はどうであれ、一人息子をなくした母親の失意は
想像を絶するにちがいない。
残された親は、何を頼りに、何を生きがいにして暮らせねばならぬのか。
自分の頭の上の蝿を追えないくせに、他人様の心配もなかろうにと
お叱りをうけそうだが、ま、それはそれ
哀しみの雲煙は,いつまでも細く長くユラリと漂いを見せる。
スポンサーサイト





コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/12/29 18:24] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/02/10 19:34] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ayusawa217.blog.fc2.com/tb.php/385-2d5cb823