FC2ブログ
アユサワ時計店
哀惜の万年筆
274631782_72ab4c6baf_m.jpg

images.jpg

父親が亡くなって30年を経過しようとしています。
もう、そんなになるのかと感慨深いものがあり、
私と向かい合って仕事をしていたので、
別離の念は今もって強く、あれも聴きたかった、
これも教えてもらいたかったと後悔ばかりが
先にたちます。

書を習っていた父親の誕生日に、
清水の舞台から飛び降りた気持ちで
モンブランの太軸万年筆と靴の形をしたブラック色の
インク壷をプレゼントしました。
大事に使ってもらい、いまは後釜として
私が手にしているのですが、
近頃では万年筆を使う機会もめっきりと少なくなり、
手短の筆記具としてボール・ペン使用が多くなっています。

先日、思いたってブルーブラックのインクを求めました。

バケツに水を満たして黒色インクが入った万年筆を
入れると、マーブル模様の渦が揺らぎます。
水はゆったりと広がり、紫色に変色をみせます。
尻軸を回し、中に入っていたインクを圧縮させると、
蛸が墨を吐くように噴出します。
表面の水の色が徐々に変わり、手に持った万年筆を
揺すると一気に混ざり合います。

それは、口の中で舐めていた
変わりだまを噛み砕いた感じと似ており、
陽だまりのなかでのインク交換は、靴磨きと同様に
私の好きな作業の一つとなっています。

幾度かバケツの水を取り替えているうちに、
手のひらはインクの色で染まり、手元にある雑巾も
黒インクで染まっていたものが青色に替わっていました。

水を切って新しいインクツボに差込み、
白いメモ用紙に字をなぞると水色のインクが
滑らかに息を弾ませながら航跡を見せます。
仕事机に置かれてある父親の写真に目をやりました。
今年も残ること後半分。
父親の年から又一歩足を進めました。
スポンサーサイト




テーマ:小さな幸せ - ジャンル:心と身体


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ayusawa217.blog.fc2.com/tb.php/84-e30b7d4d